カレーが好きだったと錯覚するファミマのカツカレー

ファミリーマートのカツカレー
ファミリーマート 三元豚のカツカレー

否定するとブーメランになって帰ってきますなあ・・

ファミリーマート三元豚のカツカレーが非常に良い出来で、2日続けて食べてしまいました。最初に食べたのは安倍代表の件の発言の翌日ですが、冗談ではない旨さ。これがカレーなのか。俺が散々disってきたカレーなのか。カレーの嫌だった部分がなくなり、新たな感覚を呼び起こさせる味、素晴らしい。

まずルーが違う。甘口というわけではないが、ルーを嚥下してなお残るヒリヒリ感がない。これがこのカレー最大の特徴だ。口当たりの良さが次の匙を誘う。そしてカツ。カツが載っている。衣は厚めでサクサクしている。このサクサク感だ。汁気のあるものとカツを一緒にレンジにかけると、とかく衣は湿気りがちである。あの食感は楽しい食事を台無しにしてしまう。だがこのカツは違う。衣に根性がある。そして衣に守られた肉。白く引き締まった肉質で脂が舌に馴染む。しつこさがなく、主役でありながらカレーとの協調を欠かさない空気の読める豚だ。コンビニに並んだ豚の中ではまさに逸品。腹が迷っていたら買って損なしだ。

in Food